自己紹介
 
三上実夏
出 身
・・・鳥取市生まれ
趣 味
・・・散歩・ピアノ
血液型
・・・A型

高校卒業 後、広告の仕事に携わった後、「ザウルス銅版画工房教室」主宰の徳持耕一郎氏に指導を受ける。そこで、様々な技法を学ぶ中、板をパーツ ごとに電動ノコで切り取り立体的に見せる表現に取り組むようになる。

2004年1回目の個展を鳥取で行う。
2009年に2回目の個展を東京(新宿)で行う。
2012年末ホームページ開設
2013年に 3回目の個展を鳥取市内「ギャラリーそら」で行う。
2014年「工作クラブKUREHA」を立ち上げる。
2014年鳥取市(ギャラリー素的)でグループ展を行う。

板を使った立体作品中心ですが、紙や布を使った作品などにも挑戦している。